2005年11月12日

君が偉業を成し遂げたと知ったとき

うれしい反面

うらやましく悔しかった

でも

君のすべてを知ってから

自分を情けなく思う反面

心の底から君を尊敬している

(友人に捧ぐ)
【関連する記事】
posted by ナナセ at 03:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羨望・・劣等感・・自己嫌悪・・反省・・尊敬。
人生・・このような心が錯綜して・・悩み・・苦しみ・・悲しみ・・そして喜び・・成長していくのですね・・誰でも思う心の底・・よくぞ広げてくれました。

そして・・人と比較するのでわなく・・昨日の自分と・・今日の自分はどうか・・成長したか・・そう思うようになったとき・・心の穏やかさを知ることが出来るのだと思います。
Posted by でんどう三輪車 at 2005年11月12日 06:46
羨望・・劣等感・・自己嫌悪・・反省・・尊敬・・心の錯綜・・心の葛藤を・・誰でも思う心のと底を・・良くぞ広げてくれました・・有り難う。

悩み・苦しみ・悲しみ・そして喜び・・人は成長するのですね。

やがて他人と比較するのではなく・・昨日の自分と・・今日の自分はどうか・・成長しているかと
思えるようになったときに・・心穏やかになれるのですね。
Posted by でんどう三輪車 at 2005年11月12日 07:01
ご免!出ないので・・書き直したら・・ダブってしまったよ・・一つ削除してね・・これも。
Posted by でんどう三輪車 at 2005年11月12日 07:05
でんどう三輪車さんへ
まさにおっしゃるとおりです。
人と比べるのは、あるときには自分をはかる尺度になりますが、それはあくまで他人との比較であって、本当に比べるべきは自分自身とですよね。

いつもついつい人と比べてしまっては劣等感にさいなまれたり、悔しさがこみ上げてきたりしますが、それも時には必要なんでしょうけど、それだけではないんですよね。

でも、この場合、素直に尊敬できる友達がいるという喜びと、人の成功を心から祝福できたという自分の成長を誇りに思いたいです。
Posted by ナナセ at 2005年11月13日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このブログを少しでも気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします。
みなさんのクリックにより、人気ブログランキングの順位がアップします。

人気ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。