2005年11月07日

変わったものが嫌われて

変わったものが好まれる

どうやら人は

変わったものに無関心ではいられないらしい

好きの反対はたぶん

嫌いではなくて

無関心

嫌いの反対もまた然り

君の記憶の中にとどまっていたいから

無関心でいられるくらいなら

嫌われた方がいい

そんなことを考えている自分は

きっと変人なんだろう
【関連する記事】
posted by ナナセ at 03:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無関心は本当に辛いです。
でも、嫌われるのはもっと恐い。
無関心くらいなら・・・と思えるのは、
変人なのかもしれないけど、
とても強いですよね。

私もそう思えたら、もっと積極的になれるかも。

興味がないのには慣れたけど
嫌われるのには慣れてない。
好かれてないんだから、
結局私にとってはどっちも同じはずなのにね。
             **まひる**
Posted by まひる at 2005年11月07日 20:29
まひるさんへ
そう。嫌われるのはとても怖いんです。
でも、無関心でいられるのもいやで、そこを嫌われてもいいからとにかく行動してみる勇気がほしいなって思って。
実はこれは願望なんです。

積極的なのも強さではあると思いますが、片思いでずっと想いを抱き忍び続けるのもまた強さだと思うんです。
どっちの強さがいいとは限らないけれど、自分にいはない強さ、積極さがほしいなと思います。
Posted by ナナセ at 2005年11月07日 23:08
* 変わったもが嫌われて
「の」が抜けているよ


嫌われるということと
無関心であるということ

前者は意識の中に入っている
後者は意識の中に入れようともしない

どちらにしても受ける側は辛いこと
微妙な違いのようだけれど大きな違い

なんかなか・・厳しいところを見ますね。
Posted by でんどう三輪車 at 2005年11月08日 14:18
でんどう三輪車さんへ
コメントありがとうございます。
そしてご指摘ありがとうございます。
意外と自分ではわからないものですね。

嫌われることと無関心でいられること、どちらも一長一短といったところでつらいですが、嫌われるということは、何らかの要素がその人の意識に働きかけているわけですから、それもまたありかなと思いました。
Posted by ナナセ at 2005年11月09日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このブログを少しでも気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします。
みなさんのクリックにより、人気ブログランキングの順位がアップします。

人気ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。