2005年11月04日

夜になると

いろいろなことが不安になるのです

真っ暗闇で

将来が見えなくて

自分の存在すらわからなくなってしまうのです
【関連する記事】
posted by ナナセ at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロシアの詩人プーシキンの詩に

「偽りのちえは、不滅の知性という太陽の前に揺 らぎ、くすぶる。
 太陽よ、万歳!
 やみよきえよ!」 とあります。

暗闇の詩は避けましょう!
若さあふれる詩をつづってください。
希望の詩を歌ってください。
Posted by でんどう三輪車 at 2005年11月08日 18:11
でんどう三輪車さんへ
すみません。
ちょっとこのときは凹んでいたもので。
そうですね。
希望の詩をつづりたいと思います。
Posted by ナナセ at 2005年11月09日 10:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このブログを少しでも気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします。
みなさんのクリックにより、人気ブログランキングの順位がアップします。

人気ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。