2006年03月04日

お風呂

hokahoka.bmp

人がお風呂を気持ちよく思うのは心地よい暖かさだからなのだろうか

もしそうだとしたら

ぼくが君を求めるのも君がぼくに心地よいぬくもり与えてくれるからなのかな

君がぼくにとってどういう存在で

ぼくは君に対してどうあるべきかなんて細かいことはよくわからないけど

ぼくが君を好きだって気持ちは自信を持って言えるんだ

紛れもない真実なんだって
posted by ナナセ at 01:38| Comment(5) | TrackBack(0) | ぽわ〜ん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相手が何を与えてくれているかなんて
なんだかよくわからない。
でも、何かを与えてくれているから大事なんじゃない。
どうしようもないんだ。
理由なんてちゃんと言葉じゃいえないけど
だけどとっても大好きで、
とっても大切なんだ。

そういう気持ちだけで十分なんですよね。

もし、誰かを好きだと思っていたとして
それに理由がつけられるなら
私の場合、その人は自分にとって
そこまで好きじゃなかったりします。
『なんでかわからないけど好き。』
それが私にとっての『好き』な気がします。

なんだか、とても共感してしまって
長々と書いてしまいました。

              **まひる**
Posted by まひる at 2006年03月06日 17:17
遠い青春時代に帰ったような・・一時を有り難う!・・いつまでもこうありたいね。
Posted by でんどう三輪車 at 2006年03月12日 12:25
まひるさんへ
「なんでかわからないけど好き」っていう心情はきっともっとも素直な心情なんでしょうね。
好きに理由なんてないっていいますが、きっとそれこそが真実なんだと思います。
あれこれ理由が思い浮かぶのは、往々にして何かと理由をつけて自分を無理やり納得させているような気がしないでもないです。
Posted by ナナセ at 2006年03月29日 04:21
でんどう三輪車さんへ
そうですね。
人を好きになると言うことは、誰にも与えられた権利だと思います。
いつまでもその権利を使い続けられる人でありたいです。
Posted by ナナセ at 2006年03月29日 04:22
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14114442

この記事へのトラックバック
このブログを少しでも気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします。
みなさんのクリックにより、人気ブログランキングの順位がアップします。

人気ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。