2006年02月11日

初恋

aikara-.bmp

あなたの目には何が映りますか

自己主張の激しい色と控えめな色

あなたは何をみようとしますか

大きなドットと小さなドット

そしてそれらに隠れているけれど必ずそこにあるはずのドット

私はあなたに気に入ってもらいたくて

表面ばかり気にしてきました

私はあなたのことを知りたくて

ときにあなたに土足で踏み込んでは傷つけてきました

そして

初めての恋に気づいたのです
posted by ナナセ at 06:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ぽわ〜ん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

***

私はあなたに気に入ってもらいたくて

表面ばかり気にしてきました

私はあなたのことを知りたくて

ときにあなたに土足で踏み込んでは傷つけてきました

***

ナナセさん・・初恋・・良い思い出ですね・・初恋は皆同じようですね・・壊れそうでおどおどして・・でも懐かしいなー・・良い思い出の詩を有り難うね。
Posted by でんどう三輪車 at 2006年02月11日 21:38
でんどう三輪車さんへ
初恋って、それが恋なんだってことに気づくことすら時間がかかったりするほどすっごく不器用なものですが、でもだからこそ特別なのかもしれないなと思ってます。
Posted by ナナセ at 2006年02月12日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
このブログを少しでも気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします。
みなさんのクリックにより、人気ブログランキングの順位がアップします。

人気ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。