2005年11月10日

君を失ったとき

何もかもが色あせて見えた

何もかもに無気力になった

何もかもがぬくもりを失った

何もかもが音をなくした

何もかもが君だったんだって思った

でも

時間とともに

ぼくはリアルな世界を取り戻し

リアルな時間を取り戻し

あまつさえ笑うこともできるようになってしまったんだ

結局

ぼくが世界で一番愛していたのはぼく自信だったんだって気づいたよ

こんな人間だけど

君はあのころと同じように

今もなおぼくを愛してくれるのだろうか

そっちの世界はどうだい?
posted by ナナセ at 02:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログを少しでも気に入っていただけたらバナーのクリックをお願いします。
みなさんのクリックにより、人気ブログランキングの順位がアップします。

人気ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。